<< 防災ブックバッグ ~ 途中経過 ~ ~ お知らせ ~  >>

i libri ~ Sibylle von Olfers

「Sibylle von Olfers
  (ジビュレ・フォン・オルファース)」

とても素敵な絵本を生み出した彼女は、1881年に、東プロイセンで貴族の家柄に生まれました。

小さな頃は随分とおてんばな少女だったようで、いつも自然と戯れていたのでしょうね。
その様子は彼女の絵本の中からも感じ取る事が出来ます。

オルファースの絵本では、無垢な心を持つ小さな子どもにはきっと見て感じる事の出来る「見えない存在」がリズミカルな言葉と共に表現されています。
土や水、風、そして光の精。。。

彼女は18歳で修道院に入ってからも得意だった絵の勉強を続け、8冊の絵本を生み出しました。

1916年、肺病を患い、34歳という若さでこの世を去りますが、ドイツ古典絵本の傑作として長い間愛され続けています。


その中からkikiさんの本棚にあるものを2冊紹介します。

d0246898_121821.jpg



「森のおひめさま」

d0246898_1226742.jpg

森の中(近く)に住むおひめさまのもとに、朝の風さんが「つゆのこ」の妖精を連れてくる場面から始まり、様々な妖精や動物達と森の中での一日を過ごします。
おひめさまが眠った後に、「星のこども」がお城の前で番をしている場面で終わるのですが、優しく美しい絵や詩のような文章にとても癒されます。
文字も大きくひらがななので、小さなお子さんでも自分で読む事が出来ると思います。

d0246898_12262158.jpg
d0246898_1226368.jpg



「風さん」

d0246898_12271529.jpg

小さな男の子、ハンスが湖のほとりでちょっぴり退屈そうに遊んでいると「風さん」がやってきます。
風さんに次から次へといろいろな所へ連れられて自然と戯れて思い切り遊ぶハンス。
最後に風さんと「またあした!」と別れる場面では、ハンスの生き生きとした表情が見て取れ、こちらまで爽快な気持ちになる事が出来るのです。
こちらの絵本もひらがなです。
d0246898_12372174.jpg
d0246898_12373293.jpg



そして、表紙の裏もとてもかわいらしい♪
d0246898_12405482.jpg


オルファースの絵本は「ねっこぼっこ」「うさぎのくにへ」「ゆきのしろへ」「ちょうちょのくに」などもとっても素敵で、子どもだけではなく大人もファンタジーの世界へといざなってくれます。
[PR]
by la_mia_coccolina | 2011-09-07 12:54 | 絵本 books | Trackback
トラックバックURL : http://coccolina1.exblog.jp/tb/14509803
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
<< 防災ブックバッグ ~ 途中経過 ~ ~ お知らせ ~  >>