「ほっ」と。キャンペーン
<< il nostro viagg... il nostro viagg... >>

il nostro viaggio in Francia 6 ~ ふらんすの旅 6日目 ~ 貴婦人にお目にかかる

ふらんすの旅 6日目のお話。


ホテルでひと休みした後、パリに来たからには是非お目にかからなくては!と「貴婦人 」と称えられるお方のもとへ行って参りました。





d0246898_119753.jpg

パリのノートルダム大聖堂 「 Cathédrale Notre-Dame de Paris (我らが貴婦人)」



中学生か高校生だったでしょうか。
「Notre-Dame de Paris (1956)」 の映画で初めて目にした大聖堂は私の中で最もパリを連想させるものとなったように思います。
エスメラルダ を演じるジーナ・ロロブリジーダカジモド を演じるアンソニー・クイン
何もわからないままに観ていた当時、エスメラルダの美しさとカジモドの彼女に対する想いと切なさ、そして舞台となっている大聖堂が強く強く心に残りました。
ジーナ・ロロブリジーダ は今どうしているのかしら。。。と思い、調べてみると現在85歳。
まだまだお元気のようで嬉しくなりました^^





訪れた日はちょうど復活祭の日。

そして1163年にその歴史が始まった大聖堂は今年850周年の記念の年。
北の塔の8つの鐘と南の塔の大釣鐘1つが160年振りに交換され、3月23日「聖週間」を開幕する「聖枝祭」には新しい鐘の音が披露されたのだそうです。

このような記念の年の復活祭の日に訪れることが出来るなんて!と感激せずにはいられません!





教会の入場はミサに参列する人と見学する人とに分けられていました。



d0246898_11563020.jpg

ファサードには「聖母マリアの扉」「最後の審判の扉」「聖アンナの扉」の3箇所の扉があり、
こちらは右側の「聖アンナの扉」上部(タンパン)のレリーフ。
聖アンナは聖母マリアの母だそうです。







d0246898_14301091.jpg

聖人たちに見守られながら入口へと。







d0246898_1431458.jpgd0246898_221741.jpg





















「聖アンナの扉」の装飾(左)と「聖母マリアの扉」の装飾(右)。
同じなのかしら?と思いじっくり見てみると違うのですね。








d0246898_14324041.jpg


復活祭のミサに大勢の人々が参列しているため、神聖な空気が漂います。







d0246898_14343363.jpg

どのステンドグラスも本当に美しい。。。







d0246898_14352261.jpg

美しい北の薔薇窓。。。青い色が印象的。。。そして厳かにミサが執り行われていました。







d0246898_14361617.jpg

kikiさんもキャンドルをお供えします。







d0246898_14365338.jpg

内陣の回廊に沿った壁にはキリストの物語を表したレリーフが。







d0246898_1565890.jpg

聖歌隊の方たちが戻っていかれる様子も厳かな雰囲気が漂い、神秘的。







d0246898_1592812.jpgd0246898_1594375.jpg































d0246898_15113476.jpg








d0246898_15124848.jpgd0246898_1513493.jpg




























d0246898_15144287.jpgd0246898_15145277.jpg

























見るものすべてにうっとりです。。。







d0246898_22223615.jpg

こちらは大きな大きなシャンデリア。






d0246898_22245163.jpg

赤い色が印象的な南の薔薇窓とミサの様子。







d0246898_22274116.jpg

優しげな雰囲気が溢れる聖母子像にはいつも心が和みます。







d0246898_22284075.jpg

これは儀式などで使われる香炉なのでしょうか?







d0246898_22301292.jpg

拝廊から大聖堂を臨みます。







d0246898_2236591.jpg

左側の「聖母マリアの扉」







d0246898_2364315.jpg

kikiさん、この動物たちの彫刻がとても気になったようでした。
特に右端のお魚^m^



彫刻をじっくりと見たかったのですが、とにかく人、人、人!
いつの日かまたゆっくりと来てみたいな。。。
そしてその時には塔にのぼってパリの街を眺め、地下のクリプトにも行ってみよう♪







この時点で夜の7時半。


パパさんはまたまたケバブ屋さんと、kikiさんの為に中華のテイクアウトのお店でご飯とお味噌汁を買い出しに行ってくれました。





私とkikiさんはノートルダム大聖堂をぐるりとまわり。。。



d0246898_2319675.jpg

愛の南京錠でぎっしりのアルシュヴェッシェ橋 ( Pont de l'Archevêché ) を見た後。。。



何故か全く逆のマレ地区の方に歩いて行ってしまい、見つけたメトロの駅はサン・ポール駅 ( St-Paul )!

「あれ~?ここ、2日目に初めて一人でメトロに乗った駅じゃな~い?!」

と、ここに来て初めて気がついたのでした^^;
地図を見るのは結構得意なのですが、そもそもノートルダム大聖堂の向きを全く逆に思っていたのでありました。。。







さぁ、次の日には楽しみに♪ 楽しみに♪ 楽しみ~♪ にしている素敵な事が待っています♪
[PR]
by la_mia_coccolina | 2013-05-18 23:26 | 旅 journey | Trackback
トラックバックURL : http://coccolina1.exblog.jp/tb/18769370
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
<< il nostro viagg... il nostro viagg... >>