<   2012年 06月 ( 8 )   > この月の画像一覧

il cestino di cucito ~ お針箱


d0246898_1143136.jpg


リボンで作るお針箱、一つ目が出来ました。


1~2年前のNHK、「すてきにハンドメイド」で紹介されていたものです。
中山久美子ジェラルツさんの「フランス手仕事紀行」のコーナーで紹介されていて、「まぁ、素敵♪」とテキストを探したのですが既にお店にはなく、図書館で借りて作りました。



d0246898_1205914.jpg


こちらはkikiさん用に作ったのですが、彼女には「kikiちゃんの最初に作ってあげるね♪」と言いながら本当の理由は試作。。。^m^
ごめんよ~、kikiさん!


作ってみて感じた事。。。

工程はシンプルで作りやすいのですが、丁寧に作ろうと思うと以外に時間がかかります。
そしてギャザーの寄せ方やその部分を手縫いでまつる箇所、リボンがしっかりしているだけにちょっとコツがいります。
それから、ふたと側面のリボンを外側からまつるか、内側からまつるかで印象が変わるように思いました。
私は最初に外側からまつり、途中で「。。。ん?内側からのほうが良いのかな?」とまつり直しました。
結果、「外側からでも良かったかも。。。」と^^;



そしてふたのリボン。

d0246898_122348.jpg


リボンの端からくるくると巻いて縫い付けるのですが、私的にちょっとエレガント過ぎるかな。。。と悩んだものの、テキスト通りに作ってみました。

内ぶたのピンクッションはテキストですとクシュっとした感じのものでしたが、シンプルに。



この形のお針箱はVeronique Maillardさんの「ma petite mercerie」や中山久美子ジェラルツさんの「フランス色の布で作るバッグと小物」にも載っていて、アンティークの布やフランス色の布で作ってみたいな、と以前から思っているのです^^


d0246898_12162376.jpg




相変わらずののんびりペースで「手づくり、本当に好きなのですか?」と自分に問いかけながら、また気ままに作っていこうと思っています^^
[PR]
by la_mia_coccolina | 2012-06-28 12:23 | てづくり handmade | Trackback

le ciliegie ~ さくらんぼ ♪


d0246898_0551760.jpg




今日は久々に心地良~い風が吹く気持ちの良いお天気♪


親戚の集まりがあったり、ちょっと体調を崩したり。。。としていましたが、気がつけばもう6月も最後の週なのですね。
今年も半分を過ぎてしまうなんて、月日が過ぎ行くのは本当に早いな。。。




毎年この時期になると、おじいちゃんからkikiさんに美味しいさくらんぼが届きます^^


d0246898_10493893.jpg


孫の為にひと山もふた山も越えて、いくつかの果樹園を訪れては「どこのさくらんぼが美味しいかな?」と味比べをしてからいつも送ってくれるのです。
体力のない母を連れて二人で選んでくれるさくらんぼには、そんな思いも加わって尚更に美味しい!
感謝しながら美味しく、楽しく頂いています♪





さぁ、体調もだいぶ回復してきたので、あれもしたい!これもしたい!と思っていたこと、少しずつ始めようかな♪


d0246898_10513759.jpg

[PR]
by la_mia_coccolina | 2012-06-26 10:58 | おいしい delicious | Trackback

cucito a mano ~ ちくちく手縫い

梅雨の晴れ間は嬉しいですね♪

今日もお布団を干す事が出来て良かった^^


「作り始めます!」宣言をしていたのに、土日を挟んでいたり、保護者の集まりがあったり。。。とまだ手をつけていなかったリボンのあるもの。。。

「いけない、いけない。。。」と昨日やっと作り始めました^^;


d0246898_13153631.jpg



ちくちく縫っていると、リボンの縦ラインで目がちかちかしてきます~。

さてさて、また続きをちくちくしましょ♪
[PR]
by la_mia_coccolina | 2012-06-14 13:19 | てづくり handmade | Trackback

il suo primo viaggio a Firenze 3 ~ Pienza e Val d'Orcia

本格的に梅雨に入ったようですが、昨日の日中は雨も降らずに何とか持ちました。

kikiさんがしばらく振りに行きたいと言っていた近くの公園に行き、ポニーに乗ったり、ヤギやカピバラを見たり、うさぎや小さなお猿さんと触れ合ったりと楽しい時間を過ごしてきました^^

初めてローラーブレードにも挑戦したのですが、歩くのがやっとの様子^^;
見ている私の方が冷や冷やしてしまいましたが、本人は大満足だったようです。




今日はFirenze 2日目 トスカーナの小さな町へ遠出した時の事を。


d0246898_9315229.jpg



前回のイタリア旅行はレンタカーを借りてトスカーナの丘陵地帯を気ままにドライブする旅でした。
もう10年程前の事です。

あのVal d'Orciaの風景をkikiさんにも見せてあげたいね~♪とパパさんとも話していたので、今回は日帰りでしたがドライバーさんをお願いして計画していたのです。(運転がないとお酒も飲めますからね^m^

前回はAsciano~Pienza~Montalcino~San Quirico d'Orciaなどを回りました。
お天気も良く、素晴らしい風景にただただ感激するばかり。
聞こえてくるのは小鳥のさえずりだけ。。。


そのような空気をまた感じる事を期待して心躍らせていたのですが。。。

d0246898_9521618.jpg


朝、目を覚ますと雨。。。
Firenzeからの道中もどしゃ降り。。。

「雨でも緑が綺麗だよね~!」

と気分を盛り立てようとするも雷。。。(涙)
そのような訳でまとめた写真にはモノクロが多いのです。。。


それでもkikiさんを連れてくる事が出来た事が何より!

d0246898_1001211.jpg

どしゃ降りでもお構いなし♪ 馬を繋いでいた当時の「おもしろきもの」を発見♪

d0246898_101058.jpg

via Fortuna(幸運通り)、via Amore(恋愛通り)、via Bacio(接吻通り)、via Buia(暗闇通り)があります。

d0246898_1022350.jpg

雑誌や本によく掲載されている町角


PienzaはもともとCorsignano(コルシニャーノ)という名前でした。
この村の出身であった時の教皇ピオ2世(PioⅡ)は15世紀の半ばにこの地をルネッサンス様式の町に造り変えようとし、名前も自らの名に因んでピエンツァに改名します。

1459年、Bernardo Rossellino(ベルナルド・ロッセッリーノ)の設計による町造りが始まりますが、教皇の死後、計画は進展せず、Piazza Pio Ⅱ(ピオ2世広場)にあるDuomo(ドゥオーモ)、Palazzo Piccolomini(ピッコローミニ宮)、Palazzo Pubblico(町庁舎)の建物などに止まったそうです。

その後はひっそりとした小さな町に戻ってしまっていましたが、1996年12月に世界遺産として登録されています。                                      


お昼は前回予約が取れなくて諦めたこちらのお店で♪

d0246898_1154588.jpg
 
私のブログ名と同じ名前です^^
「latte di luna」とは「月のミルク」という意味。
白亜の土で出来たトスカーナの丘陵地帯が満月の夜に白く浮かび上がる様子を地元の農家の方たちがそう呼び、特に白く輝く時には「豊穣」のしるしとして喜ぶそうです。
         


お昼の後はMontalcinoに行ってBRUNELLO DI MONTALCINOを!と思っていたのですが、Pienzaに長居してしまった為に泣く泣く諦め、前回近くまで行ったのに時間がなくて引き返してしまった念願のAbbazia di Sant'Antimo(サンタンティーモ僧院)へ行きました。

この地に現存する最古の僧院だそうで、その起源は9世紀に遡るとの事。
主だった建物は1118年にロマネスク様式で建設されたそうです。

ぴんと張り詰めた、それでいて心地よい教会の内部は静粛な空気が流れ、質素ではあるけれど言葉では言い表せぬ程の美しさでした。
今回訪れた中で一番魅了された教会だったかもしれません。

あまり写真がないのが残念なのですが、kikiさんも興味深く見ていたようです^^ お手洗いまで拝借してしまいましたが^m^

d0246898_11405144.jpg
    


帰りの車の中からkikiさんが虹を見つけました♪ 見えるかな?

d0246898_1145910.jpg
           


まだまだ行ってみたい小さな町がたくさんあります。
いつの日かまた。。。



                                ♪ おまけ ♪ 

d0246898_11485331.jpg
          
ドライバーのLさんと♪

あまりにもお話好きの方だったらどうしよう。。。と言葉の面から少し心配していたのですが、と~っても紳士的で、「ニュー・シネマ・パラダイス」のトト少年の成長期を演じたジャック・ペランに少し似た面立ちの優しい方でした!
帰りの車で奥様と思われる方と電話で話していて、今晩のお夕食の事を話していらしたよう^m^
予定よりも遅くまでお付き合いさせてしまい申し訳なかったのですが、とても楽しい一日でした♪ 








                                                                                                                                                                                                                                                                                         
[PR]
by la_mia_coccolina | 2012-06-11 12:28 | 旅 journey | Trackback

Che cosa facciamo con i nastri ? ~ リボンで何作る ?

前から作りたいと思っていたあるものを作る為に注文していたペタシャムリボンが届きました♪


d0246898_12375082.jpg



「ペタシャムリボン」はいわゆる「グログランリボン」の事ですが、「グログランリボン」は両耳がありラインがフラットですっきりとした織り方、一方の「ペタシャムリボン」は両端が山状の織り方になっていて畝がより一層協調されています。


今回は紫系2色とピーコックブルーという色を注文したのですが、このピーコックブルー、もう少し青みがかっていると思っていたのでちょっと残念。

画像の細いサテンリボンのブルーに近い色だと良かったのですが、なかなか難しいですね。


そういえば、何年か前にもこの色を注文した事を思い出しました^^;
「あれれ~、ちょっと違うかも。。。」と思っていたのに、色番号を控えていなかったのですっかりと忘れていました(涙)


ネットでのお買い物は手にとって見る事が出来ないので、どうしても色や質感が微妙に違っていたりします。
「あらら。。。」と思う事もよくありますが、時間を気にせずにじっくりと選ぶ事が出来たり、「これ!」というものを探し出す事が出来るのでとても有り難いものです。



材料が揃うと「いつでも作れるから♪」と変に安心してしまうので( ←骨を埋める ワン君と同じ)、「作り始めます!」とここで宣言しておかなくちゃ~^^
[PR]
by la_mia_coccolina | 2012-06-09 13:46 | てづくり handmade | Trackback

il suo primo viaggio a Firenze 2 ~ Firenze街歩き

だんだんと梅雨空のような空模様になってきて、湿度も高くなりました。

海風が直に吹いてくる我が家は、これから秋口まで南風と共に潮の香りが漂う事が多くなります。
潮の香りというと何となく心地良いようにも思えるのですが、どちかと言うと「海草」いいえ、「金魚鉢を洗う時の。。。」匂い^^;
従ってお洗濯物も気持ち良く乾かず、窓や網戸には潮が吹きつけられているといった感じになります(涙)
匂いがない時はとても気持ちが良いのですけれどね^^


さてさて、またFirenzeの思い出話に戻ってみたいと思います。

先に写真をいろいろと組み合わせてまとめてしまったので、お話と画像が合っていないかもしれませんが、備忘録として。。。


d0246898_11424765.jpg


いつも旅行に行く時は「一つの場所+そこからちょっと遠出する場所一つ」という事にしています。
本当は行きたい場所はたくさんあるのですが、ゆっくり、のんびり、じっくりと楽しみたいので^^
それと特に今回はkikiさんがいるので、疲れない旅程で。。。というのもありました。


Firenzeのホテルに着いたのは夜の11時頃だったので、ささっとシャワーを浴びて即ベッドへ。
テンションの高かったkikiさんも毛布を被ってすぐに夢の国でした。

翌朝は駅前のホテルから連泊する「B&B Ghiberti」へ。

フィレンツェ田舎生活便り2」のchihoさんが運営する「 la casa mia 」でお願いしたこちらのB&BはDuomoの裏手というロケーションの良さ、設備の良さや清潔さなどなど、おススメどころがたくさん!
お部屋にPCがあるので調べものにも便利ですし、ちょっと疲れたらすぐに戻って休む事も出来るので子供連れの私たちにもとても有難かったです^^



Firenze 1日目は気ままに市内を歩き回りました。

レプッブリカ広場(Piazza della Repubblica)で回転木馬に乗ってみたり、以前に記事にしたFirenzeの妖怪探しをしてみたり。( ←chihoさんのこちらの記事に興味をそそられ^^)
kikiさん、「あっ、あそこにも!」「これも面白いよ!」と妖怪探しに熱中!

ウフィッツィ美術館(Galleria degli Uffizi)はkikiさんも興味を持っていたのですが、諸々の理由で次回に。。。という事で今回は諦めました。(久々に見たかったなぁ。。。涙)
kikiさんは美術館前にいる芸術作品を模したパフォーマーの方々に釘付け^m^
一つ一つじっくりと観察していたようですが、「一緒に写真撮ったら?」と言っても恥ずかしがって逃げていました。

シニョーリア広場(Piazza della Signoria)にあるランツィのロッジア(Loggia dei Lanzi)の彫刻にも興味津々だったようで、前から後ろから、斜めから。。。と子供の目線からいろいろと発見していたようです。

私たちが結婚式を執り行って頂いたヴェッキオ宮殿(Palazzo Vecchio)はkikiさんも見てみたいと言い、私たちも懐かしかったので入場してゆっくりと見る事が出来ました。満足、満足♪



Firenzeの街歩き。。。kikiさんの目にはどんな風に映るのだろう、と多少の不安の気持ちを抱いていましたが、いつでも、どこでも、その目はきらきらと輝いていました^^
[PR]
by la_mia_coccolina | 2012-06-05 13:51 | 旅 journey | Trackback

piatto del fine settimana ~ 週末の一皿

 昨日の朝、どこからかとても可愛らしい歌声が。。。

ベランダの手摺にツバメが止まっていて、ご機嫌な様子で歌っていました^^

幸せを運んでくれるといわれるツバメさん。。。我が家にも幸せを運んでくれたのでしょうか♪



さて、毎年今頃の季節になると、不揃いだけれど美味しそうなマッシュルームがたっぷりと袋に入れられて売られています。

少し前に「田舎の台所@イタリア」のYukakoさんが紹介なさっていた「マッシュルームとじゃがいものキッシュ」がとても気になっていました。

いつもはこのたっぷりのマッシュルームが手に入るとフリッタータを作っていたのですが、Yukakoさんのレシピがとっても美味しそうだったので、週末のお昼に作ってみました♪



d0246898_181451.jpg




ふちの部分、雑ですね。。。^^;
Yukakoさんの美しい出来上がりの図との違いに苦笑してしまいました(涙)


でも、パパさんもkikiさんも「美味しいっ♪」と喜んで食べてくれたので良しとしましょう!
kikiさん、「いつもの(フリッタータ)よりもこっちの方が美味しいね!次もこれにしてね!」といたくお気に召した様子でした^^
私も大満足♪



さあ、また明日から1週間頑張りましょ!
[PR]
by la_mia_coccolina | 2012-06-04 01:29 | おいしい delicious | Trackback

Vorrei mangiare con il sole ! ~ お日さまと食べたい一皿

心地よい陽ざしと風♪


今日は何を食べようかな。。。(と考えていた昨日)



そうそう!ruggineさんの「なすときのこのミートボールカレー」にしましょ♪




d0246898_9272921.jpg




我が家はお子ちゃまがいるので、少し辛さを控えて。。。




d0246898_929875.jpg




こちらね、とってもおススメです!!!

なす好きのパパさんも「うん♪うん♪」、kikiさんも「これ、美味しい~っ!(は~は~ ← 辛い)」と食べていました^^

昨晩はこのカレーとピンツィモーニオでちょっぴり夏気分♪



爽やかな季節にもジリジリと暑い夏にもぴったりの一皿です。

次はベランダでお日さまを感じながら食べたいな!
あれ、でももうすぐ梅雨入り。。。?



夏のお楽しみにしたいけれど、夏まで待てないかも~^m^
[PR]
by la_mia_coccolina | 2012-06-01 10:02 | おいしい delicious | Trackback