la blusa e la gonnna ~ スモックブラウスとサーキュラースカート

台風が過ぎ去って、やっと晴れ間が出てきました。

相変わらず風は強いのですがひんやりとした風は気持ち良い~♪
でも夏はまだまだこれからですね。

さて、女の子はくるくる回るとふわ~っと広がるスカートが結構好きです。
お転婆娘のkikiさんも例に漏れずお好きなようで。
でもそこはやっぱりお転婆さん!
くるくるくるくる、くるくるくるくる、くるくるくる。。。。。
「わぁ~♪」「キャハハハァ~♪」
いつまで回っているのでしょうねぇ(苦笑)

ふらふらになって、倒れて、どこかにぶつけて、ひと騒ぎ。
だからもう止めなさいって言ったのに。


d0246898_14114669.jpg


スカートのウエスト部分とポケットの袋布部分はスモックブラウスと同じ布で。

d0246898_14284840.jpg


胸元にはグログランのリボンを縫い付けて。。。
このブラウスは丈を長く作るとワンピースにも出来るので何れ作ろうと計画中。


d0246898_1430241.jpg


こんなものも作ってみました。
バブーシュカ風のヘアバンド。
ごはんを食べる時、お勉強の時、お風呂上り。。。と結構重宝するのです。
後れ毛の多いkikiさん、おでこがスッキリしてとても良い!と母は喜ぶのですが、kikiさんそうでもない?

お洋服を作った時の余り布で作る事が多いので、お揃いにもなりますしね♪

今も余り布ではないのですがお気に入りの布3色で作っているところです。


il modello di carta : サーキュラースカート 「まいにち着る女の子服」 スモックブラウス 「少女のまいにちの服」
il tessuto : スカートはリネン、スモックブラウスはコットンなのですが、随分と前に購入したのですみません!
[PR]
# by la_mia_coccolina | 2011-07-21 15:07 | こどもふく for kids | Trackback

i timbri d'antiquari ~ アンティークのスタンプ

今日は古いスタンプの事を少し書いてみようと思います。

きちんとした知識はないので間違っているかもしれませんが、一般に、作られてから100年以上経っているものをアンティーク、100年も経っていないものをブロカントと言うようです。

フランスの小学校などで昔々先生が使っていたようなスタンプがあります。
下のスタンプたちはブロカントなのかな。。。?


学校で使うスタンプには数を表すもの、植物や動物、職業、季節を表すものなど可愛らしいものが沢山あります。


d0246898_1453583.jpg


可愛いものを見つけるとついつい集めてしまい、ちょっとした時にポンッと押したり、布に押してステッチをしたり。。。
結構重宝しているんです♪

d0246898_14543545.jpg


ひつじちゃん。。。

d0246898_14551750.jpg


小さな子供が遊んでいる様子とか。。。

d0246898_14565561.jpg


魔法をかけてくれる妖精さんかな?

d0246898_1458204.jpg


ひつじさんを可愛がっている女の子。
kikiさんが小さい頃、ランチョンマットに刺繍しました。

d0246898_14593788.jpg


赤ずきんちゃんのような、冬の雪を表しているようなスタンプ(左)と仲良しな感じの男の子と女の子(右)。


古くからあるものにとても心惹かれます。
昔々遠い国のどこかで誰かの生活の中の一部だったものを手にしていると、そこにはどんな空気が流れていたのかな。。。どんな日常があったのかな。。。と想像するだけでもいつもワクワクしてきます♪
[PR]
# by la_mia_coccolina | 2011-07-20 15:13 | antique&brocante | Trackback

i pomodori

台風で荒れ模様の天気。。。
ザーッと降ったかと思うとスーッと止んで。
風は一日中ビュービュー吹いています。
海が数百m先にある我が家は普段からとにかく風が強いので、台風の予報が出るとベランダの物干しやサンダル、風で飛んでしまいそうなものはせっせとしまいます。

kikiさんは明後日から夏休み!
これから1ヶ月と少し、彼女の朝から晩まで(寝ているときも?!)のお喋りにお付き合いせねば(汗)
ひたすら、ただひたすらにお喋りし続けるkikiさんです。。。


夏休み中に使わないものを毎日少しずつ持ち帰ってくるのですが、今日はこんなものを持ち帰ってきてくれました。

d0246898_23462636.jpg


学校で育てているプチトマトです。
春に苗を鉢に植え、自分でお世話をしていました。
苗はどんなものでもよく、きゅうりの子、なすの子、しし唐の子、それぞれが好きなものを選んで育てています。
kikiさんはハートの形に実がなるものにしました。

d0246898_23513796.jpg


ハートに見えるかな?見えるような、見えないような。。。

明日の朝食に食べましょうね♪

さてさて、kikiさんの通信簿はどうでしょう~?!
[PR]
# by la_mia_coccolina | 2011-07-20 00:01 | 子育て with my daughter | Trackback

i libri ~ 絵本

「Henriette Willebeek Le Mair
 ヘンリエット・ウィルビーク・ル・メール」

「Maurice Boutet de Monvel (モーリス・ブーテ・ド・モンベル)」と並んでとても好きな挿絵画家です。

彼女は1889年にオランダのロッテルダムに生まれた女流作家。
両親ともに芸術家で、15歳の時には最初の絵本をフランスで出版したそうです。
16歳の時に母との合作を3冊出版し、母が詩を書いたとのこと。
また、パリ滞在中、ル・メールはモンベルの指導を受けていたそうです。

ル・メールは若いときに18ヶ月間をアラビアで過ごし、東洋の宗教や哲学に関心を持ち、スーフィー教に改宗しました。
夫と共に生涯を貧民の為の慈善活動に費やし、子供達の情操教育に貢献したそうです。

そして1966年、77歳で亡くなるまでイラストを描き続けたと言われています。



d0246898_1253090.jpg



d0246898_12562581.jpg



d0246898_1257788.jpg



d0246898_12585861.jpg



d0246898_1259167.jpg


上の5冊はナーサリーライム、いわゆる「マザーグース」を再編集した絵本です。
小さなサイズで可愛らしい絵本たち♪


d0246898_12595692.jpg


こちらは「不思議の国のアリス」「お姫様とゴブリンの物語」「アナベル・リー」などの物語や詩に寄せた挿絵が
収められています。


d0246898_1324584.jpg


この本は少し大きめで赤ちゃんの成長記録を書き込める日記。
可愛らしい挿絵の本に3歳までの記録が出来るようになっています♪



d0246898_15301769.jpg


d0246898_15312687.jpg



小さな子供や動物を慈しむような絵が多く、時にはクスッと笑ってしまいそうなものもあり、本当に癒されます。
優しく繊細なタッチで母性に溢れるル・メールの絵本は大切に大切にし、いつの日がkikiさんの子供にも。。。なんて随分と先の事ですが(笑)、そんな風に思わせてくれる本たちです。
[PR]
# by la_mia_coccolina | 2011-07-18 13:27 | 絵本 books | Trackback

la camera di kiki ~ kikiさんのお部屋


昨晩はお月さまがとても美しく、海の水面を白く照らしている様子はとても神秘的でした。
お日さまの温かな陽ざしも大好きですが、お月さまは昔からとても好きで、窓からよく眺めていたものです。


さて、kikiさんに子供部屋を作ってあげたのは幼稚園に入る頃だったと思います。

それまでは何となく彼女のものを、何れ彼女の部屋になるであろう部屋に置いていただけでした。

そして最初に手作りしたのは。。。

d0246898_1348173.jpg


お花はリボンをぐし縫いして形を作ったり。。。

d0246898_13501370.jpg


こちらも同じ様に。。。

d0246898_13505135.jpg


こちらはこんな感じで。。。

d0246898_13513497.jpg


お花のパーツは「la droguerie」のもの。
ビーズはテグスに通してから。。。

d0246898_13545590.jpg


この小さなお花も「la droguerie」のものです。


白木のアルファベットのパーツをアクリルペイントで塗りました。
色を混ぜ合わせ、落ち着いたくすんだピンクとベビーピンクの2色を使っています。
それからあれやこれやとリボンやビーズをつけて。。。楽しいんです♪


本の中に見るフランスの子供部屋には子供の名前が可愛らしく壁に飾られています。
そしてページを開いては「こんなかわいい子供部屋にしたいなぁ。。。」と見る度に幸せ気分になっていた本たち。。。

d0246898_15304046.jpg


こちらや「marie claire idees」などの雑誌です♪
[PR]
# by la_mia_coccolina | 2011-07-16 14:26 | てづくり handmade | Trackback