タグ:イタリア ( 21 ) タグの人気記事

il suo primo viaggio a Firenze 7 ~ Andiamo in giro per la citta' ♪

間を置いて長々と引きずっておりますが、もうしばらくお付き合い下さいませ^^;


Firenze 6日目のお話です。


d0246898_22155739.jpg
                               犬が気になる。。。




この日もお天気に恵まれ、心地良い風を受け止めながら活気溢れる庶民の台所、Mercato Sant'Ambrogio(サンタンブロージョ市場)へ!


d0246898_22324032.jpg
          

屋内のお肉や食料品もとっても美味しそうでしたが、ついつい色鮮やかなお野菜や果物に目がいきます^^
市場って楽しい~っ♪


d0246898_22362379.jpg


ここでお目当てのそら豆と洋なしをを買いました♪





それからまたぶらりと歩きながら。。。


d0246898_22391114.jpg
                             やっぱり犬が気になる^^




Chiesa di Santa Croce(サンタ・クローチェ教会)へ。


d0246898_22445516.jpg


フランチェスコ会に属するこちらの教会は1294年に着工されたゴシック様式の教会。
(写真が。。。ほとんどないのです。。。トホホ...)
ミケランジェロやガリレオ・ガイレイ、マキャヴェッリ、ギベルディ親子などなど、Firenzeで活躍した多くの歴史的著名人が埋葬されています。

木骨の天井が露になった簡素なつくりで、荘厳であるけれども清貧さを持ち合わせたような心の落ち着く教会。。。
サンタ・クローチェ教会。。。また訪れる事が出来て良かった。





さて、一度お宿に戻ってお昼休憩。
先程買ったそら豆とPienzaで買ったペコリーノチーズを食します♪
念願の「そら豆とペコリーノチーズ
親子3人、美味し過ぎて無言で食べる食べる^m^

しあわせ~^^





お腹もいっぱいになって大満足の私たち。

午後はPiazzale Michelangelo(ミケランジェロ広場)の方へ。
やっぱりここからの眺めもkikiさんに見せたかった!


d0246898_2345564.jpg
                       何を思って見ているの?


結婚式の写真を撮影している日本人のカップルがいました^^
とっても幸せそうで、14年前、私たちも強い風で何度もヴェールが舞い上がりながら撮影してもらっていたなぁ。。。と懐かしく思いました。





お次は広場から坂道を少し上がったところにあるChiesa di San Salvatore al Monte(サン・サルヴァトーレ・アル・モンテ教会)へ。

d0246898_041379.jpg

ミケランジェロが「田園の乙女」と絶賛したと伝えられているこの教会は1504年に建立されました。

d0246898_0125843.jpg

バジリカ式の建築のこの教会は木組みの天井を持ち、シンプルな造りですが、フランシスコ会の精神を伝える厳粛な雰囲気が漂っています。
ずっと訪れてみたかった教会、ひっそりとしていて本当にとても素敵でした。





そしてもう少し坂を上がると、以前こちら → でもご紹介したChiesa di San Miniato al Monte(サン・ミニアート・アル・モンテ教会)

d0246898_0282914.jpg

11~12世紀に建てられてこの教会は、幾何学模様の大理石で装飾されたロマネスク様式のファザードが美しく、ビザンチン美術の影響も残しているそうです。

d0246898_0594734.jpg

d0246898_10629.jpg

小鳥の囀りとやわらかな日差しの中に佇む教会はとても清らかで可愛らしい印象を受けます。





さあ、のんびりと歩きながら帰りましょうか♪
と歩く気満々の私だったのですが、そうですよね。。。kikiさんはそろそろ疲れてきたようで、パパさんの腕に半分ぶら下がるかの様につかまっていました。

本当は以前歩いた事のある通りをまた歩きたかったのですが、少し逆戻りしてVia del Monte alle Croci という通りを通って帰りました。


d0246898_1274982.jpg
                              ここでも気になっちゃう^^



d0246898_12931100.jpg
                               サン・ミニアート門 






帰りにはこんなに可愛いミュージシャンにも会いましたよ^m^

d0246898_133183.jpg
  






そしてkikiさんのお願い事ひとつ。。。

「(市内観光の)馬車に乗りたい!」

あちらこちらで走っているのを目にして気になって仕方がなかったようです^^;
内心「ちょっと照れくさいよぉ~」と思ったパパさんと私でしたが、まあ旅の思い出に良いかな、という事で初馬車!
(写真はブレブレだったのでありません^^;)
あっと言う間でしたが、高い位置からの景色もなかなか良くて意外と楽しむ事が出来ました。







Firenze最後の夜。。。

d0246898_1383025.jpg







                    
[PR]
by la_mia_coccolina | 2012-07-27 11:58 | 旅 journey | Trackback

il suo primo viaggio a Firenze 6 ~ Firenze 満喫!

数日前の晩からずっと湿った風が吹き荒れています。
九州では記録的な大雨との事で、これ以上被害が広がらない事をただただ祈るばかりです。



Firenzeのお話。。。もう少し続きます。

Firenze 5日目のお話。

この日の午前中は私は一人で見たい場所を回り、パパさんとkikiさんはお土産(kikiさんの)を探したりしながらのんびりと過ごしてもらいました。


d0246898_1845292.jpg


何度か訪れているFirenzeですが、いつ足を運んでも修復工事中で見る事が出来なかったのが
Palazzo Davanzati(中世邸宅博物館~ダヴァンツァーティ宮)

今回、初めてじっくりと見る事が出来ました!

画像の中央辺りの一番高い建物、最上階にテラスのようなロッジアがある館です。
14世紀に建てられたこの邸宅は15世紀後半に商人であるベルナルド・ダヴァンツァーティが買い取ったもので、この時代におけるFirenzeの富豪の典型的な邸宅として保存されているそうです。

受付で予約をして、指定された時間に来るようにとの事。
(受付の女性の方がとても丁寧で親切な対応で、サン・マルコ美術館のご機嫌麗しくない(同僚と言い合っていた^^;)、チケットも放り投げちゃうような受付の方とまるで違っていて感激!)


一歩足を踏み入れると、そこはもう中世の館♪
吹き抜けの中庭があり、階段を上がると「オウムの間(サーレ・デイ・パッパガッリ)」と呼ばれる食堂、主寝室の「婚礼の間(カメラ・ヌツィアーレ)」や大応接間、3階には別の食堂とフランス中世の物語を題材に描かれたフレスコ画の素晴らしい「大寝室(カメラ・ダ・レット)」などがあります。
さらに4階には厨房があり、なんと水は壁の間の水道管で送られていたそうです!
また、最上階にする事により、煙や匂いが屋内に立ち込める事がないという利点もあったそう。

各部屋のフレスコ画や装飾、調度品の素晴らしさに目を奪われますが、当時のお台所用品、日用品、そしてそれぞれの寝室にあるお手洗いとバスルーム、滑車とバケツを使った井戸が5つの階と連絡しているところなどはとても興味深かったです。

d0246898_15435666.jpg
                                           ガイドブックから


そして私が目を奪われたもの。。。
写真はないのですが、レースのコレクションのお部屋! ← chihoさんのHPから
ここはもう、ただただうっとり。。。
溜め息の出るような美しさと驚くほどの繊細さに心奪われました。
様々なレースの本を手にしたり、持っていたりしますが、これ程までに繊細なものは見た事がありません。
1平方㎝を作るのに一体どれ程の時間を費やすのでしょう?と思うほどの緻密さに、何度も何度もお部屋の中を回ってしまいました^^

念願のPalazzo Davanzati、本当に素晴らしい空間でした!



d0246898_1613277.jpg
                             自分へのお土産^^

d0246898_1621869.jpg

d0246898_1623386.jpg

d0246898_1624544.jpg
          14世紀の商人の食卓の本。
          こういう絵、結構好きなのです^^


d0246898_164207.jpg

d0246898_1642911.jpg

d0246898_1644067.jpg
          ルネッサンス期のレースや刺しゅうのパターン集♪





さて、また一人であちらこちらと歩き回り。。。


d0246898_18593863.jpg
ふと目にするものに心躍ったり。。。


歩いていて出逢った小さな教会、Chiesa S.Maria de'Ricci(サンタ・マリア・デ・リッキ教会)はコンサートがよく催される教会だと後から知ったり。。。



ちょっと気になっていたFirenzeで最古の教会のひとつに数えられる
Badia Fiorentina(バディア・フィオレンティーナ教会)にも行ってみました。


こんなイルカ?の可愛らしい扉に思わずにんまり^^

d0246898_2051161.jpg


ダンテの「天国編」に述べられているという六角形の鐘楼はジョットの鐘楼よりも少し古く、14世紀初めのものだそうで、中世の町に時を知らせていたとの事。
教会に一歩足を踏み入れると、そこにはひっそりとした静寂と神聖な空気が漂い、そっと歩いても足音が響き渡るほど。
祈りを捧げている修道士の方と絵を描いている方以外は誰もいませんでした。
咳払いをするのも躊躇われるほどにぴんっと張り詰めた空気はとても厳かであり、清らかであり、クリスチャンではないけれど、気がつくと手を合わせていました。

また素敵な教会に出逢い、清々しい気持ちでパパさんとkikiさんの待つお宿へと戻りました。






午後は三人でSanta Maria del Fiore(花の聖母大聖堂)、Duomoへ。


d0246898_1442033.jpg


やはり壮観です!
その荘厳さにただただ立ち尽くすばかりでした。
私たちは何度か訪れていますが、初めてこの空間に足を踏み入れて、祭壇をじっと見つめたり、クーポラを見上げたりしているkikiさんの胸に刻まれたのはどのようなものだったのでしょう^^
彼女のこれからに何かちょっとしたきっかけになるものとして残っていてくれたら。。。と思います。


また、教会の地下には4世紀に建造されたというS.Reparata(サンタ・レパラータ教会)の遺構やブルネッレスキのお墓があり、悠久の歴史の一部に触れたようで胸をふるわされました。




そしてこの後、kikiさんお待ちかねのクーポラに登ります!
kikiさん、クーポラの内側のフレスコ画「最後の審判」を間近で見る事をとても楽しみにしていたのです^^


d0246898_23755.jpg
               kikiさん、張り切るっ! 待って~!

d0246898_245858.jpg
               ちらり。。。

d0246898_261350.jpg
               ちょっと休憩♪

               途中、クーポラの基部に巡らされた歩廊からみる天井のフレスコ画に興味津々のkikiさん^^
               (写真がありませんが^^;)

d0246898_217419.jpg
               あと少し!



d0246898_2173668.jpg
  おぉ~っ!


d0246898_2192298.jpg
  463段頑張って登ったご褒美♪
  パパさんと私はちょっと息切れ。。。
  kikiさん、楽勝っ!



d0246898_223436.jpg
 
三人で登った思い出、大切にしたいと思います^^ 






そして夜はお待ちかねのビステッカ・アッラ・フィオレンティーナ


d0246898_2272646.jpg
 
町の中心部から少し外れた場所にある元お肉屋さんのお店。
9年前もこのおじ様がこうしてお肉を切り分けてくれました^^

この日は店内ではなく、外にあるテーブルで。
お肉は美味しかった~♪♪♪
そしてサービスして頂いたトリッパ・アッラ・フィオレンティーナ も美味しい~^^



Firenzeを満喫して、お腹も大満足!
のんびり歩きながらお宿に戻りました♪






                                                            
[PR]
by la_mia_coccolina | 2012-07-14 03:23 | 旅 journey | Trackback

il suo primo viaggio a Firenze 5 ~ お山のお家へ♪

Firenze 4日目のお話。
この旅の一番のお楽しみ♪

d0246898_23262740.jpg




サン・マルコ広場からバスに乗り、ガタゴトと揺られながらのんびりと窓越しの景色を楽しんでいると30分程で終点に着きます。
そこでお迎えして下さったのは「フィレンツェ田舎生活便り2」のchihoさん♪


初めてお会いするchihoさんは、ブログから感じられる穏やかで落ち着いたお人柄そのままのとても素敵な方^^
もうず~っとお会いしたかったので、私、舞い上がってしまいました~^^


chihoさんのブログに初めてお邪魔したのはkikiさんがまだちっちゃな時。。。6~7年程前だったと思います。
初めての子育てにてんてこまいだった頃のほんの束の間の休息。。。Firenzeが恋しくてPCを見ていた時でした。

Firenzeの中心部から少し離れた山の中で自然と共にこんなに素晴らしい暮らしをしている方がいるなんて!とただただ感激!

kikiさんよりもちょっとお姉さんのユキちゃんの子育てをしながら「La casa mia」という旅行情報サイトを運営なさり、通訳もしていらっしゃる。最近では本を出版なさったり、BSで「トスカーナの山暮らし」を紹介して下さったりもしていました。
そして畑では家族のために美味しい野菜を作ったり、鶏を育てたりもしているスーパーマンマ!
ご主人のアントネッロさんのお料理の腕前は素晴らしく、ブログに登場するお料理の美味しそうなことと言ったら、それはそれはもう♪♪♪
そして作れないものはないのでは?という程に何でも作ってしまう優しいスーパーマン!
そんな懐の深いお二人からたくさんの愛情を注がれて育っているユキちゃんはお茶目でかわいくて、
とっても素敵な女の子♪ みんなのアイドルです^^


お二人が、ご自宅でお料理教室を始めると知ったその時から、私の中で夢は大きく膨らみ、今回の旅でその夢が叶ったのでした☆


バスの停留所からchihoさんの車に乗せて頂き、お山のお家までしばしドライブ。
羊が放牧されているようなのんびりとした風景を走っていると。。。ガタゴト。。。山道に入ります!
すると小鹿がぴょん、ぴょ~ん!
鹿の親子がいたのですよ~♪
嬉しいお出迎えに感激しながらもうしばらく上って行くと、ブログや本やTVで見るあのお家が!


d0246898_1111227.jpg


お家ではアントネッロさんが優しい笑顔でお出迎えしてして下さり、これまた感激^^

メニューのレシピを3人分頂き(ちゃんとkikiさんの分も♪)、キッチンへと下りてお料理の説明をして頂きました。



この日のメニューは。。。

********************************************************************

~ Antipasti ~

INSALATA PORTUALLA ~ フェンネルとオレンジのサラダ


~ Primo Piatto ~

PARMIGIANE DI CARCIOFI ~ アーティチョークのパルミジャーノ


~ Secondo Piatto ~

CALAMARI IN ZIMINO ~ イカのズィミーノ風


~ Dolce ~

RAVIOLI AL CIOCCOLATO ~ チョコレートのラビオリ


Caffe' e Vino

********************************************************************



d0246898_061238.jpg



chihoさんの通訳でアントネッロさんの説明を聞きながらお料理教室のはじまり、はじまり♪
途中からFirenzeのお料理学校に留学なさっているSさんも加わり、楽しいレッスンは続きます^^

お料理のポイントや何故ここでこうするのか、これにはこんな謂れがある。。。などのお話のメモを取りながら、一緒に作業をさせて頂いたり、本当に楽しかった♪
kikiさんもエプロン持参でお手伝いしましたよ^m^


アントネッロさんはひとつひとつの作業がとても丁寧で、いつもこうして愛情いっぱいのお料理を作っているのだな。。。とひしひしと感じました。
そしてアントネッロさん、せかせかした感じが全くないのにと~ってもスピーディー!
次々と新鮮な食材がスペシャル美味しいお料理へと変身していきます☆

私が同じ事をしていたら。。。きっともの凄く時間が掛かるか、パタパタと忙しないだろうな^^;


楽しいお料理のレッスンが終わるとお待ちかねのランチタイム♪


みんなでテーブルを囲んで美味しいお料理に舌鼓を打ちながら、Firenzeのお話、山の暮らしのお話、Sさんの留学のお話などなど、本当に楽しかった^^ 

そして、最高に美味しかった♪♪♪


INSALATA PORTUALLA ~ フェンネルとオレンジとオリーブの爽やかな味わいが絶妙!
                  黒胡椒はオリーブの木で出来たすり鉢で細かくするのですよ♪
                  「あぁ、トスカーナだぁ。。。」としみじみと感激^^

PARMIGIANE DI CARCIOFI ~ これはもう絶品☆
                     アーティチョークの美味しさがモッツァレラと一緒にギュッと詰め込まれた、
                     ん~、言葉では言い表せないほどに美味しかった!

CALAMARI IN ZIMINO ~ イカとビエトラとお野菜をくたくたに煮込んだお料理♪
                  これは濃厚なお味が堪りません!
                  イカが本当にやわらかく、野菜の旨みもたっぷりと出ていて本当に美味しい!

RAVIOLI AL CIOCCOLATO ~ ほろっとした生地の中にはしっとり濃厚なチョコレート♪
                     エスプレッソと一緒に頂く至福のとき^^
                     し。あ。わ。せ。。。

そしてアントネッロさんが焼いたトスカーナのパン、これがとっても味わいがあって美味しい!
小麦粉もお二人で足を運んで選んだもの!幾つでもいけてしまう感じです♪
オリーブオイルをかけて、塩をパラパラ。。。kikiさんも大好きです♪


Era buonissimo !!!


いつもブログで拝見していたアントネッロさんのお料理を作る段階から実際に目にし、口にして、この上ない幸せでした♪
                 


d0246898_1441823.jpg
 

楽しいお食事の後はお散歩へ♪

お日さまの光が優しく降り注ぐ気持ちの良い午後^^

kikiさんはブログで見ていたユキちゃんがお気に入りの草原や森のソファーを夢見ていました☆
この日は平日だったのでユキちゃんは学校へ行っています。
ユキちゃんと一緒に。。。の夢は叶いませんでしたが、憧れの草原へ行って走り回ったり、森のベンチに腰掛けてみたり、野の花の写真をたくさん撮ったり。。。と存分にお山を満喫していたようです^^

私もパパさんも本当に楽しかった♪
まるで夢の中にいるような一日でした☆


chihoさん、アントネッロさん、随分と時は過ぎてしまいましたが、素晴らしい一日を本当に本当にどうもありがとうございました!

Grazie di cuore !!! 




帰りたくない~っ(涙)と後ろ髪を引かれる思いで。。。

d0246898_15183470.jpg
 

たくさんの素敵な思い出を胸に詰め込み、
オリーブ畑を窓越しに眺めながら、またバスに揺られてFirenzeの街へと戻りました。


E stato un giorno molto felice ☆







                             ♪ 嬉しいお知らせ ♪

昨年BS「猫のしっぽ カエルの手」で放送された「イタリア トスカーナの山暮らし~バッボとマンマとユキちゃんと」が7月12日にDVDブックとしてマガジンハウスから発売されるそうです!
amazon→や書店で予約受付中です。
全部録画をしていたのですが、chihoさんの書き下ろしエッセイ、ユキちゃんの絵日記、アントネッロさんのレシピが載っているとのこと!
私も早速予約しました♪
楽しみ~^m^






          
[PR]
by la_mia_coccolina | 2012-07-05 18:00 | 旅 journey | Trackback

il suo primo viaggio a Firenze 4 ~ 青い空とFirenze

d0246898_13271920.jpg
フェルディナンド1世騎馬像 ≪kiki撮影≫




Firenze 3日目のお話。

爽やかな青い空、とても気持ちの良い日でした^^


d0246898_22272346.jpg
こちらからも? ≪kiki撮影≫





気ままにぶらぶらとお散歩しながら、ルネッサンスの美しさが印象的なPiazza della Santissima Annunziata(サンティッシマ・アンヌンツィアータ広場)へ

d0246898_22362696.jpg
カチュッコの噴水 ≪kiki撮影≫


kikiさん、しばらくカメラを手放しません。。。^^;

後ろのアーチの間にある美しい釉薬のテラコッタの装飾がとても美しいです。



d0246898_239915.jpg
Spedale degli Innocenti(捨て子養育院)の柱廊


この柱廊のちょうど突き当たりに見える場所に回転式の石柱があり、子供を育てる事の出来なかった親がその受け付台に子供をそっと置いて養育を託したそう。。。



d0246898_0512282.jpg
kiki忍者?! (右側の柱にご注目^m^



d0246898_23305237.jpg
Santissima Annunnziata(サンティッシマ・アンヌンツィアータ教会


正面から入るとすぐにある回廊がとても美しく、教会の内部はとても豪華です。





ここからMuseo di San Marco(サン・マルコ美術館)へ (すみません、写真がありません^^;
階段を上った時に思わず息を呑む程の厳かな空気。。。「受胎告知」に出逢った時のあの感動をまた味わいたくて、どうしても行きたかった場所。
ここに流れる空気がとても好きで、小さな僧房を覗きながら中世に思いを馳せてはその感動を心に刻んできました。


それからSan Lorenzo(サン・ロレンツォ教会)へ
ここは初めてFirenzeを訪れた時に、初めて足を踏み入れた教会で、その時は感激のあまり涙が込み上げてきました。懐かしかった。。。



もう西日が差し始めて時間もなかったのですが、色大理石のモザイクで装飾されたファザードが美しいSanta Maria Novela(サンタ・マリア・ノヴェッラ教会


d0246898_031668.jpg


時間も時間だったので残念ながら美術館の方には入れず、教会の中だけだったのですが、久々に目にしたその優しげな美しさには心を打たれました。
私の稚拙な言葉では上手く表現が出来ずにもどかしいのですが。。。
もっとゆっくりと、じっくりと見たかったなぁ。


そして中世に迷い込んでしまったかのように感じてしまうOfficina Profumo Farmaceutica di Santa Maria Novella(サンタ・マリア・ノヴェッラ薬局へも。

先程見る事の出来なかった美術館内の「緑の回廊」もこちらからちらりと覗く事が出来て良かった♪

日本人スタッフの方もいらっしゃるようなので、安心してお買い物が出来ます^^





気持ちの良いお天気の中、たくさんのFirenzeを感じる事の出来た一日でした^^


d0246898_0542690.jpg











                                ♪ おまけ ♪
d0246898_1152997.jpg
毎晩こんな感じで爆睡^m^
この日もリストランテ(Buca Lapi)で食事中に寝てしまい、手を引っ張りながらお宿まで連れて帰りました^^;
[PR]
by la_mia_coccolina | 2012-07-02 01:29 | 旅 journey | Trackback

il suo primo viaggio a Firenze 3 ~ Pienza e Val d'Orcia

本格的に梅雨に入ったようですが、昨日の日中は雨も降らずに何とか持ちました。

kikiさんがしばらく振りに行きたいと言っていた近くの公園に行き、ポニーに乗ったり、ヤギやカピバラを見たり、うさぎや小さなお猿さんと触れ合ったりと楽しい時間を過ごしてきました^^

初めてローラーブレードにも挑戦したのですが、歩くのがやっとの様子^^;
見ている私の方が冷や冷やしてしまいましたが、本人は大満足だったようです。




今日はFirenze 2日目 トスカーナの小さな町へ遠出した時の事を。


d0246898_9315229.jpg



前回のイタリア旅行はレンタカーを借りてトスカーナの丘陵地帯を気ままにドライブする旅でした。
もう10年程前の事です。

あのVal d'Orciaの風景をkikiさんにも見せてあげたいね~♪とパパさんとも話していたので、今回は日帰りでしたがドライバーさんをお願いして計画していたのです。(運転がないとお酒も飲めますからね^m^

前回はAsciano~Pienza~Montalcino~San Quirico d'Orciaなどを回りました。
お天気も良く、素晴らしい風景にただただ感激するばかり。
聞こえてくるのは小鳥のさえずりだけ。。。


そのような空気をまた感じる事を期待して心躍らせていたのですが。。。

d0246898_9521618.jpg


朝、目を覚ますと雨。。。
Firenzeからの道中もどしゃ降り。。。

「雨でも緑が綺麗だよね~!」

と気分を盛り立てようとするも雷。。。(涙)
そのような訳でまとめた写真にはモノクロが多いのです。。。


それでもkikiさんを連れてくる事が出来た事が何より!

d0246898_1001211.jpg

どしゃ降りでもお構いなし♪ 馬を繋いでいた当時の「おもしろきもの」を発見♪

d0246898_101058.jpg

via Fortuna(幸運通り)、via Amore(恋愛通り)、via Bacio(接吻通り)、via Buia(暗闇通り)があります。

d0246898_1022350.jpg

雑誌や本によく掲載されている町角


PienzaはもともとCorsignano(コルシニャーノ)という名前でした。
この村の出身であった時の教皇ピオ2世(PioⅡ)は15世紀の半ばにこの地をルネッサンス様式の町に造り変えようとし、名前も自らの名に因んでピエンツァに改名します。

1459年、Bernardo Rossellino(ベルナルド・ロッセッリーノ)の設計による町造りが始まりますが、教皇の死後、計画は進展せず、Piazza Pio Ⅱ(ピオ2世広場)にあるDuomo(ドゥオーモ)、Palazzo Piccolomini(ピッコローミニ宮)、Palazzo Pubblico(町庁舎)の建物などに止まったそうです。

その後はひっそりとした小さな町に戻ってしまっていましたが、1996年12月に世界遺産として登録されています。                                      


お昼は前回予約が取れなくて諦めたこちらのお店で♪

d0246898_1154588.jpg
 
私のブログ名と同じ名前です^^
「latte di luna」とは「月のミルク」という意味。
白亜の土で出来たトスカーナの丘陵地帯が満月の夜に白く浮かび上がる様子を地元の農家の方たちがそう呼び、特に白く輝く時には「豊穣」のしるしとして喜ぶそうです。
         


お昼の後はMontalcinoに行ってBRUNELLO DI MONTALCINOを!と思っていたのですが、Pienzaに長居してしまった為に泣く泣く諦め、前回近くまで行ったのに時間がなくて引き返してしまった念願のAbbazia di Sant'Antimo(サンタンティーモ僧院)へ行きました。

この地に現存する最古の僧院だそうで、その起源は9世紀に遡るとの事。
主だった建物は1118年にロマネスク様式で建設されたそうです。

ぴんと張り詰めた、それでいて心地よい教会の内部は静粛な空気が流れ、質素ではあるけれど言葉では言い表せぬ程の美しさでした。
今回訪れた中で一番魅了された教会だったかもしれません。

あまり写真がないのが残念なのですが、kikiさんも興味深く見ていたようです^^ お手洗いまで拝借してしまいましたが^m^

d0246898_11405144.jpg
    


帰りの車の中からkikiさんが虹を見つけました♪ 見えるかな?

d0246898_1145910.jpg
           


まだまだ行ってみたい小さな町がたくさんあります。
いつの日かまた。。。



                                ♪ おまけ ♪ 

d0246898_11485331.jpg
          
ドライバーのLさんと♪

あまりにもお話好きの方だったらどうしよう。。。と言葉の面から少し心配していたのですが、と~っても紳士的で、「ニュー・シネマ・パラダイス」のトト少年の成長期を演じたジャック・ペランに少し似た面立ちの優しい方でした!
帰りの車で奥様と思われる方と電話で話していて、今晩のお夕食の事を話していらしたよう^m^
予定よりも遅くまでお付き合いさせてしまい申し訳なかったのですが、とても楽しい一日でした♪ 








                                                                                                                                                                                                                                                                                         
[PR]
by la_mia_coccolina | 2012-06-11 12:28 | 旅 journey | Trackback

il suo primo viaggio a Firenze 2 ~ Firenze街歩き

だんだんと梅雨空のような空模様になってきて、湿度も高くなりました。

海風が直に吹いてくる我が家は、これから秋口まで南風と共に潮の香りが漂う事が多くなります。
潮の香りというと何となく心地良いようにも思えるのですが、どちかと言うと「海草」いいえ、「金魚鉢を洗う時の。。。」匂い^^;
従ってお洗濯物も気持ち良く乾かず、窓や網戸には潮が吹きつけられているといった感じになります(涙)
匂いがない時はとても気持ちが良いのですけれどね^^


さてさて、またFirenzeの思い出話に戻ってみたいと思います。

先に写真をいろいろと組み合わせてまとめてしまったので、お話と画像が合っていないかもしれませんが、備忘録として。。。


d0246898_11424765.jpg


いつも旅行に行く時は「一つの場所+そこからちょっと遠出する場所一つ」という事にしています。
本当は行きたい場所はたくさんあるのですが、ゆっくり、のんびり、じっくりと楽しみたいので^^
それと特に今回はkikiさんがいるので、疲れない旅程で。。。というのもありました。


Firenzeのホテルに着いたのは夜の11時頃だったので、ささっとシャワーを浴びて即ベッドへ。
テンションの高かったkikiさんも毛布を被ってすぐに夢の国でした。

翌朝は駅前のホテルから連泊する「B&B Ghiberti」へ。

フィレンツェ田舎生活便り2」のchihoさんが運営する「 la casa mia 」でお願いしたこちらのB&BはDuomoの裏手というロケーションの良さ、設備の良さや清潔さなどなど、おススメどころがたくさん!
お部屋にPCがあるので調べものにも便利ですし、ちょっと疲れたらすぐに戻って休む事も出来るので子供連れの私たちにもとても有難かったです^^



Firenze 1日目は気ままに市内を歩き回りました。

レプッブリカ広場(Piazza della Repubblica)で回転木馬に乗ってみたり、以前に記事にしたFirenzeの妖怪探しをしてみたり。( ←chihoさんのこちらの記事に興味をそそられ^^)
kikiさん、「あっ、あそこにも!」「これも面白いよ!」と妖怪探しに熱中!

ウフィッツィ美術館(Galleria degli Uffizi)はkikiさんも興味を持っていたのですが、諸々の理由で次回に。。。という事で今回は諦めました。(久々に見たかったなぁ。。。涙)
kikiさんは美術館前にいる芸術作品を模したパフォーマーの方々に釘付け^m^
一つ一つじっくりと観察していたようですが、「一緒に写真撮ったら?」と言っても恥ずかしがって逃げていました。

シニョーリア広場(Piazza della Signoria)にあるランツィのロッジア(Loggia dei Lanzi)の彫刻にも興味津々だったようで、前から後ろから、斜めから。。。と子供の目線からいろいろと発見していたようです。

私たちが結婚式を執り行って頂いたヴェッキオ宮殿(Palazzo Vecchio)はkikiさんも見てみたいと言い、私たちも懐かしかったので入場してゆっくりと見る事が出来ました。満足、満足♪



Firenzeの街歩き。。。kikiさんの目にはどんな風に映るのだろう、と多少の不安の気持ちを抱いていましたが、いつでも、どこでも、その目はきらきらと輝いていました^^
[PR]
by la_mia_coccolina | 2012-06-05 13:51 | 旅 journey | Trackback

il suo primo viaggio a Firenze 1 ~ はじめてのFirenze

心に残る思い出。。。ついこの間のように感じます^^

去年の事になりますが、kikiさん、初めて海外旅行に行きました。


d0246898_0311442.jpg



3歳くらいから国内線で飛行機に慣れさせ、私もあれこれと心配せずにいられそうだな。。。と思えるようになったからです^^

周りのお友達はもっともっと小さな頃から海外に連れて行っていたようですが、とにかくじっとしていない自由人なkikiさん、とてもとても私が無理でした^^;

何故Firenzeかと言えば、最初に訪れる国が私とパパさんの思い出の地であったらいいな。。。FirenzeやToscanaの小さな町をkikiさんに見せてあげたいな。。。という私の希望^^
私がいつもイタリア♪イタリア♪と言っているからなのか、kikiさんも興味を持ってくれていたようでしたし、今回の一番のお目当てがkikiさんにとっても一番の楽しみだったからです♪
そのことについては後ほど^^

フランクフルト経由でフィレンツェまで、乗り継ぎ時間が4時間くらいあったので、早朝に成田に向かい、Firenzeのホテルに着くまで丸一日かかりました。
けれどもkikiさん、思いのほか機内での時間を楽しんでいたようで、映画を観たり、音楽を聴いたり、初めての機内食を食べたり。。。となかなか充実した時間を過ごしていたようでした^^



d0246898_124344.jpg



はじめてのFirenze。。。ちょこちょこと綴ってゆきたいと思います。
[PR]
by la_mia_coccolina | 2012-05-26 01:29 | 旅 journey | Trackback

i ricordini ~ おもいで

旅先でのおもいで。。。


d0246898_9573070.jpg



どうしても本を見ると欲しくなってしまいます。

その国の写真集、レシピ本、手芸雑誌、インテリア雑誌、絵本。。。などなど。
その場所でしか手にする事の出来ないようなものは特に。


こちらの本はレシピやパスタやオリーヴなどの食材に関する本なのですが、中身はもちろん表紙のデザインや色合いが素敵でついつい手にしてしまいました^^


d0246898_10172463.jpg


d0246898_10173292.jpg


d0246898_10174228.jpg



Firenzeのミケランジェロ広場よりもう少し高台にあるChiesa di San Miniato al Monte(サンミニアートアルモンテ教会)のお土産屋さんで。


d0246898_10233615.jpg


この教会はとても静かな空気が流れていて、小鳥の囀りを聞きながら心穏やかになれる。。。何度も訪れたくなるとても好きな場所。
白と緑の大理石のモザイクで装飾されたファザードが美しく、とても可愛らしい教会です。


こちらから見るFirenzeの眺めもまた素晴らしい。。。


d0246898_10493437.jpg



チェントロまでのお散歩も楽しいです♪


d0246898_11173054.jpg


d0246898_11174863.jpg





旅のおもいでとしてkikiさんがどうしても欲しかったもの。。。


d0246898_11142938.jpg


気がつくとよくこんな事になっています← kikiさんの仕業
どうしておじさんが屋根の上にいるのかは不明(笑)
[PR]
by la_mia_coccolina | 2012-01-26 11:22 | 旅 journey | Trackback

palle di neve ~ スノードーム

手にとって揺り動かし、そっと置くとまるで雪が舞っているよう。。。
眺めているとほんわかした気持ちになってきます。



d0246898_13473945.jpg


snow domeはsnow globeとも言われていますが、その存在は小さな頃から知っていましたし、手に取って眺めた事もありました。
何故か1~2年前から急に気になり始め、世界各地の素敵なスノードームがあるのね♥と惹かれてしまったのです^^

スノードーム美術館というものもあったり、いろいろなONLINE SHOPで購入する事も出来るようなのでどんなものがあるのかな。。。と眺めるのもとても楽しいです。
でも、手にするものはその場所を訪れて、そこで選んで我が家に迎え入れたい♪と妙なこだわりもあって、お店などで「かわいいなぁ♥」と思っても我慢してみたりします(笑)





家族で訪れたり、パパさんが仕事で行った先で「どれがいいかな?」と悩んで連れ帰ってきてくれたスノードームたち♪

d0246898_1318158.jpg

d0246898_13181550.jpg

d0246898_13183042.jpg


結構斜めになっていたりしますが、それもご愛嬌♪


旅先で選んでいた時の様子。。。パパさんがあちこち歩き回って選んだ話を一生懸命に話してくれている様子。。。そんな事を思い出しながら時々眺めてみるのも良いものです。
[PR]
by la_mia_coccolina | 2011-10-07 12:11 | すきなもの favorites | Trackback

le citta' preferiti ~ Firenze いとおもしろきものたち。。。

旅をする時の一番の楽しみは、ただひたすらに歩き回り、そこにある空気感を楽しむ事です。

小さな路地は本当に魅力的。。。

普段そこに生活している人々のありのままの雰囲気を感じたい。。。と思い、お邪魔にならないように気をつけながら静かに通り過ぎます。


面白い発見も沢山!

d0246898_16351931.jpg


いろいろとあって楽しくなります♪


d0246898_16362071.jpg


顔を近付けて隅から隅までじっくり見たい!




中世の雰囲気をそのままに漂わす町、Firenze。
私にとってとても思い入れのある場所です。
また訪れたいといつも思わせてくれる町。。。
[PR]
by la_mia_coccolina | 2011-08-31 16:39 | 旅 journey | Trackback